So-net無料ブログ作成
検索選択

解雇するには 労務 

労務問題にならないよう解雇するには
予めある程度の根回しのようなものが必要です

どうすれば対象が問題にしないよう
穏便に済ませることができるのか

またその中の選択肢で解雇する側が納得でき
かつコストを最小限に抑えられる方法があるか

この辺りのすり合わせが必要になります

妥協点が見つからなければ士業や辞めさせ屋など
多方面から活用を検討した方が良さそうです


解雇するには 必要 

解雇するには必要な条件がいくつも存在し
結果的になかなか解雇できないようになっています

が、結局のところ解雇でなければいけない事情など
特別なものがない限り向こうが辞意を示すことで
事態を解決できるケースが多くあります

だからこそ辞めさせ屋などの需要もある訳で
頼れるものには頼って損がないのかなと思います


解雇するには 能力 

能力不足などを理由に解雇するには
その改善指導を行なった記録が必要ですが
自主退職の場合はまた話が変わってきます

ですので改善指導を本格化させる前に
面談などで現状を説明するところも多く
場合によってはそこで自主退職もあり得ます

とはいえ必ずしも理想通りには進まないので
辞めさせ屋などがいるという話もありますね

解雇するには 弁護士 

弁護士を伴って労務問題を提起されたとしても
まったく問題なくターゲットを解雇するには
こちらも弁護士を予め用意しておくのが良いです

もちろんその担当としっかり協議した上で
必要な記録などを確保しておくという流れです

あくまでこれは解雇する際の話であって
自主退職を狙う場合は辞めさせ屋などの選択肢も
現実的な話として存在していたりもします

解雇するには 適切 

何の問題も発生させずに解雇するには
適切な証拠を集め続けることが必要になります

例えば業績不良でクビにするのであれば
業務改善を地道に行なっていった証拠であるとか
遅刻などの勤怠実績の収集です

再三に渡って改善指導したのに全く直らない
という理由でクビにするには多くの証拠が必要です

これを用意せずに解雇してしまうと後が怖く
とても厄介な問題に発展してしまいます


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。