So-net無料ブログ作成

解雇するには 従業員 

従業員を解雇するにはと悩むよりは
発想の転換で自主退職させる方法を考えると
今後の流れがよくなってくるかもしれません

そもそも解雇というのは理由ありきですが
やることが決まってるので理由作りくらいしか
考えるべきことがありません

それに対して自主退職というのは道が複数あり
退職勧奨や辞めさせ屋もその中の1つです

幾つも想定できる道筋がありますから
まずはこちらから考えるべきなのです

解雇するには 向上心 

向上心がなくなった社員を解雇するには
まず会社にとって不利益な状態であることを
証拠として集めるところから始まります

そして今の状態で会社にとって良くないこと
このまま同じ状況が続くと問題があることを
しっかり伝えてまずは自主退社を選ぶか
状況を改善するか求める段階にいきます

それでも一切改善が見られない状態になって
初めて正当に解雇できるかどうかというのが
正攻法での辞めさせ方になってきます

もっとも辞めさせ屋を使うなどの抜け道も
事実としてあったりもしますが

解雇するには 能力不足 

能力不足を理由に解雇するには
その改善指導の記録があれば解雇は可能です

よく能力不足くらいでは解雇できないなど
有る事無い事を言う方がいますが真っ赤な嘘です

もちろん大企業などがそれをやると
会社のイメージが悪くなるので敬遠しますが
殆どの企業はそういう事情がないはずです

解雇するには 場合 

場合によって解雇するには壁が高くて
向こうから辞めてもらう方が楽な時があります

最たる例が退職勧奨でこれは向こうから辞めて
退職金を用意してあげるようなパターンですね

窓際に追いやるような行為も同じようなもので
自分から辞めてもらうために敢えて仕事を与えず
放置するというような手法になってきます

何を選ぶかはケースバイケースになりますが
時には辞めさせ屋も有効だったりします

解雇するには 方法 

解雇するには幾つかの方法があるため
案件に対してどれくらいコストをかけるか
ここを基準に考えるといいと思います

一般的に言われる解雇の流れをたどれば
最低でも解雇予告手当は必要になりますが
それをブラックな手段で回避していくかなど
各々枝分かれしていくと思います

その中で辞めさせ屋や自主退社に持っていくなどが
それぞれ1つの手段として存在している訳です

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。