So-net無料ブログ作成
検索選択
問題社員を解雇するには ブログトップ

解雇するには 労働組合 


労働組合を結成または加入したことによって
解雇するというのは不法行為になるので
その方法も基本的に存在し得ません

それでも解雇するにはと模索するのは良いですが
正攻法が存在しない以上は辞めさせ屋などの
特殊工作業者くらいしか選択肢がありません

もちろん自分で色々と熟考して行動に出るのは
一人でもできるとは思いますが結果が伴うかは
また別の話ということになってしまいます

解雇するには 適切 

何の問題も発生させずに解雇するには
適切な証拠を集め続けることが必要になります

例えば業績不良でクビにするのであれば
業務改善を地道に行なっていった証拠であるとか
遅刻などの勤怠実績の収集です

再三に渡って改善指導したのに全く直らない
という理由でクビにするには多くの証拠が必要です

これを用意せずに解雇してしまうと後が怖く
とても厄介な問題に発展してしまいます


解雇するには 勤務態度 

勤務態度が悪いことを理由にして
従業員を解雇するには以下の条件が必要になります

・対象者に何度も改善指導や注意を行なっている
就業規則に解雇理由の1つとして明記されている

これが揃っていると同時に客観的にも
勤務態度が悪いというのが分かる状態であれば
訴えられても問題はないことが過去の事例で分かります

なので遅刻なら遅刻の回数など
はっきりとした数字があると有利ですね

解雇するには トラブル 

トラブルなく人を解雇するには
相手から辞意を示す状況にするのがいいです

「辞めさせられた」という考えから
ありもしない話でトラブルに発展させてしまう
そんなケースが多いからです

ケースバイケースだとは思いますが
辞めさせ屋に依頼する方がよいことも多いです

トラブル体質の相手に問題がある訳ですから
辞めさせ屋を利用することが悪にはなりませんよね

問題社員を解雇するには 

問題社員を解雇するには
その問題を明るみに出せればいいんですが
そういう訳にいかない時もありますよね

なので別の理由で解雇したいので
辞めさせ屋を使って証拠を作ってしまう
ということをやる場合もあるとか

当人も問題を抱えているので
意外とスムーズに辞めてくそうです

問題社員を解雇するには ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。