So-net無料ブログ作成
検索選択
社員を解雇するには ブログトップ

解雇するには 社員 

解雇するには社員もバイトも特に関係なく
一律同じルールの基で話を進める必要があります

なので社員を辞めさせるのは大変だとか
バイトを辞めさせるのが簡単というのは無関係で
単に本人の意識がバイトだと低いことが多いから
比較的イージーというだけの話なのです

ですから不真面目な社員だったら意識も低い訳で
そのようなタイプは比較的簡単ということです

とはいえ会社にしがみつくパターンというのは
社員でもバイトでもあります

そのような時に自分たちで頑張って解雇するか
辞めさせ屋などを使ってみるかは検討すべきでしょう

解雇するには 場合 

場合によって解雇するには壁が高くて
向こうから辞めてもらう方が楽な時があります

最たる例が退職勧奨でこれは向こうから辞めて
退職金を用意してあげるようなパターンですね

窓際に追いやるような行為も同じようなもので
自分から辞めてもらうために敢えて仕事を与えず
放置するというような手法になってきます

何を選ぶかはケースバイケースになりますが
時には辞めさせ屋も有効だったりします

解雇するには 能力 

能力不足などを理由に解雇するには
その改善指導を行なった記録が必要ですが
自主退職の場合はまた話が変わってきます

ですので改善指導を本格化させる前に
面談などで現状を説明するところも多く
場合によってはそこで自主退職もあり得ます

とはいえ必ずしも理想通りには進まないので
辞めさせ屋などがいるという話もありますね

社長を解雇するには 

社長を解雇するには大前提の条件として
議決権を持つ株主か取締役になっている必要があります

もちろんそういう方たちをそそのかしてもOKです

その上で解任の議決を取って一定数以上賛成があれば
解雇というか解任をすることができます

ただこれが通用するケースは殆どが上場企業です


非上場の企業ほど社長が沢山株を持っていて
役員が親族で構成されているのが現状ですから
あまりこの方法は通用しません

ですので社長を辞めさせるというよりは
取引先との間柄を持って独立してしまった方が
先は明るいのではないかなと思います

社員を解雇するには 

正攻法では難しい社員を解雇するには
本人が辞めたくなれば問題なかったりします

ただその状況を作るとなると決定的な理由
例えば不倫関係を暴くだとかスキャンダルですね
そのようなネタを手に入れたり他の社員と協力して
辞めたくなる雰囲気を作る場合もあるとか

そのような状況づくりが社内で上手くいかない場合
外部で理由を作る為に業者に依頼をするということも
今の世の中では行われているようです

社員を解雇するには ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。