So-net無料ブログ作成
従業員を解雇するには ブログトップ
前の5件 | -

解雇するには 会社 

会社としてはクビにするとなると手順など
解雇するにはどうすれば良いのか考えますが
ここから根本的に間違ってる可能性があります

大前提としてトラブルなく辞めればOKのはずで
自主退職をされるデメリットというのは
退職金くらいしかないと思います

もちろんそれが嫌で解雇に持っていきたいなら
辞めさせ屋でもなんでも使ってクビにした方が
コスト的にも良いはずです

上記以外のケースにおいては自主退職の可能性を
模索するのが先だったりする訳です

試用期間 解雇するには 

試用期間の定めがあっても2週間経っていると
解雇するには通常の社員と同じ扱いが必要です

この辺りは社則と法律に差があると厄介で
試用期間1ヶ月というのは至って普通ですが
法的には2週間経過で正社員と同じ扱いなのです

ですのでリスクを考慮していくのであれば
いかに試用期間であっても周到に用意しておいて
解雇した方が安全ということになりますね

解雇するには 従業員 

従業員を解雇するにはと悩むよりは
発想の転換で自主退職させる方法を考えると
今後の流れがよくなってくるかもしれません

そもそも解雇というのは理由ありきですが
やることが決まってるので理由作りくらいしか
考えるべきことがありません

それに対して自主退職というのは道が複数あり
退職勧奨や辞めさせ屋もその中の1つです

幾つも想定できる道筋がありますから
まずはこちらから考えるべきなのです

解雇するには 方法 

解雇するには幾つかの方法があるため
案件に対してどれくらいコストをかけるか
ここを基準に考えるといいと思います

一般的に言われる解雇の流れをたどれば
最低でも解雇予告手当は必要になりますが
それをブラックな手段で回避していくかなど
各々枝分かれしていくと思います

その中で辞めさせ屋や自主退社に持っていくなどが
それぞれ1つの手段として存在している訳です

解雇するには 経営 

経営状況が思わしくないなど
会社の財政状況が原因で社員を解雇するには
方々手を尽くしたという事実が客観的に分かるよう
その根拠を示せる状態である必要があります

でないとトラブルになった時に対処できず
必要以上のコストが必要になる可能性もあります

そうならないように自主退職の形を取らせる流れで
辞めさせ屋や特殊工作業者を使うこともあるとか


前の5件 | - 従業員を解雇するには ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。