So-net無料ブログ作成

解雇するには 弁護士 

弁護士を伴って労務問題を提起されたとしても
まったく問題なくターゲットを解雇するには
こちらも弁護士を予め用意しておくのが良いです

もちろんその担当としっかり協議した上で
必要な記録などを確保しておくという流れです

あくまでこれは解雇する際の話であって
自主退職を狙う場合は辞めさせ屋などの選択肢も
現実的な話として存在していたりもします

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。